西海岸の暮らしをカスタマイズ

ヴィンテージで彩られた

カリフォルニアスタイルの家

家もデザインを楽しみたい

「カリフォルニアの風土、環境、車やインテリア…。カルチャー全部が好きなんです」。と語るのは住宅施行会社ピーススタイルの代表、阿久津尚さん。奥様とふたりの娘さん、2匹の愛犬とともに暮らす自らの家も、カリフォルニアスタイルで6年前に作り上げた。
「吹き抜けがあって、大きな窓から光が入る、開放

感のある家にしたいと思いました。外観は意識的に屋根を見せないキューブ状にして箱っぽく。もちろん断熱の性能を高めたりして快適にするのですが、家もデザイン性を楽しみたいと思うんです」。

大きなヤシの木が風にそよぐ。米軍基地を思わせる金網フェンスの向こうに建つ、ガルバリウム鋼板+リアルシダーウッドの家は、ここが東京郊外だということを忘れさせる。

広がりを感じる空間

玄関を入ると、いきなり開けるのはリビング、ダイニング、キッチンまでがダイレクトにつながった大空間。「家の建坪は31坪なので、決して広いわけではないんです。限られた敷地で、いかに広く見せるかを考えました」。仕切りや廊下をできるだけ排し、ダイニングに大きな吹き抜けを設置。窓の向こうには庭のグリーンや空の青が広がって、自然とつながる気分を味わえる。

「冬も日差しが充分入るので、暖かいです。全館空調システムにしていますが、ゼロエネルギーを目指してソーラーパネルを採用したので、電気代も抑えられていますね」。

自然素材にもこだわり、1階から2階のベッドルーム、寝室まで、無垢のパイン材の床に珪藻土の壁で統一。そこにアフリカンプリンス、ベンガルゴムなど、観葉植物を贅沢に配置した空間が、ナチュラルで心地よい